正しい洗顔法でニキビ対策

お肌に優しいニキビケアを実践しましょう!

正しい洗顔法でニキビ対策

ニキビをうまく対策していくためには、正しい洗顔方法を理解し、実践していくことが大切です。 ニキビができる要因には、毛穴の汚れや皮脂の過剰分泌がありますが、それを緩和するには洗顔を見直すことが一番なのです。 そこで、ポイントになる4つを紹介します。

1つ目はやさしく洗顔することです。 いくら皮脂などが原因といえども、それを落とすために全力で洗ってしまってはいけません。 それだと逆に皮膚に傷が入り、修復に時間がかかってしまうのです。

皮脂の修復が入ってきてしまうということは、ニキビへの体内からの対策も遅れるということになります。 つまり、強く洗うことは絶対にNGです。 さらに、ある程度までの皮脂は、皮膚を守る役割を担っていますので、これまで失ってしまっては意味がないのです。

2つ目は、蒸しタオルを利用することです。 洗顔前は、意外と皮膚はこわばっている状態です。 いきなりそこで正しい洗顔を行っても、十分に効果が期待できない場合があります。

そうならないように、必要となるのは蒸しタオルの利用です。 蒸しタオルを利用することによって、毛穴を開き、洗いやすい皮膚の状態が作れるのです。 なかなか洗顔の効果が実感できないという人には、是非おすすめです。

3つ目は、ぬるま湯を用いることです。 熱すぎるお湯を用いると、皮膚はむしろ疲弊してしまうので、あまり適していません。 もちろん、お風呂などでは、血行促進や疲労回復がメインとなりますので、少し熱いくらいが適していますが、 洗顔目的の場合はぬるま湯が最適です。

逆に冷たすぎる水では、皮脂が固まってしまい、うまく取り去ることができなくなります。 大体肌の温度くらいで洗顔するのがベストでしょう。

4つ目は、すすぎに力を入れることです。 洗顔料を使っているときが一番大切だと思われがちですが、もっとも大事なのはすすぎなのです。 なぜなら、洗顔料が毛穴に残ってしまうことによっても、ニキビは出来てしまうからです。

このポイントを実践していくことで、大幅にニキビは改善されます。 また毎日続けることで清潔な肌を保てますので、是非実践してみてください。