食生活を見直してニキビ改善

ニキビはバランスの良い食事で改善できる!

食生活を見直してニキビ改善

ニキビと食生活は密接に関係しています。食べ物は、体内に入ると消化され、吸収され、エネルギーへと形を変えていきますが、過剰に摂取されたものは体に蓄積されていきます。

ダイエットのメカニズムなどでよく紹介されている循環構図ですが、 実はこの中に、皮膚への影響が隠れているのです。 この蓄積されたものは、段々と負担になり、脂肪へと変化します。 この脂肪が、皮脂に形を変え、対外へと追いやられていきます。

この皮脂は、ある程度の量ならば、皮膚を守るためにとても重要な役割を示してくれますが、 過剰になった瞬間に、皮膚の大敵となるのです。 過剰となった皮脂は、毛穴に詰まり、皮膚の新陳代謝を大幅に衰えさせるのです。 過剰な皮脂はニキビの直接的な原因にもなりますし、 この皮脂に入り込んで、菌が繁殖してしまうと、すぐにニキビは悪化するのです。

このサイクルを食い止めるために、食生活はとても大切だというわけです。 ニキビ対策の場合は、ダイエットとは違いますので、食生活すべてを正すというイメージよりは、 必要なものを摂取し、余計なものはできるだけ少なくするというスタンスを心がけるといいでしょう。

もっともニキビ対策に適しているのは、ビタミンを含んだ食事です。 特に、皮膚を強くするビタミンB系は、必ず含めたほうがよいでしょう。 ビタミンB系の栄養は、皮膚そのものを強固なものとしてくれるため、菌が繁殖しにくく、 根本的に強い肌を作り上げることができます。

ビタミンB系をすべて含んでいる万能な食材は、レバーです。 レバーにはほぼすべてのビタミンBが含まれているため、苦手でなければ、少しずつでも摂取していきましょう。 ビタミンB1は豆類や豚肉、ビタミンB2は卵や大豆、ビタミンB6は赤身の魚類、ビタミンB12は魚介類に多く含まれます。

毎日品目を取替えながら、継続して摂取できるように気を使っていきましょう。 サプリメントなども有効ですので、うまく併用していけば、肌そのものを作りかえることが出来ます。 是非、実践をおすすめします。