紫外線対策でにきびを防ぐ

適度な日光浴は健康にもお肌にも良いってこと

紫外線対策でにきびを防ぐ

健康な肌を保つためには、紫外線対策が有効であるといわれていますが、これはにきび対策にも同じことがいえます。なぜ、紫外線対策がにきびにとって有効な方法であるのかというと、紫外線はにきびを作る原因となるからです。

紫外線を浴びた肌は、活性酸素を発生させるため、徐々ににきびができやすい肌環境をつくってしまうといわれています。ですから、紫外線を浴びやすい夏だけではなく、年間を通して紫外線対策を行うことが重要となってくるのです。

紫外線対策を行う方法としては、様々な方法がありますが、特に有効な方法を挙げるとすれば以下の2点があります。まず1つ目は、紫外線対策が施されている化粧品を使用することです。 SPF12程度の商品で十分だといえますが、特に紫外線を強く浴びる機会がある場合は、それ以上の紫外線防止度数が明記されている商品を選ぶようにしましょう。

そうすることによって、上空からの紫外線を防ぐだけでなく、地面から照り返されてくる紫外線にも対応することが可能となります。 ただし、紫外線防止が施されている化粧品の中には、刺激が強い商品も含まれています。基本的には、肌に低刺激な商品が多いといえますが、場合によっては肌荒れを起こすこともあります。

何度か使用してみないと、肌荒れが起きるかどうかは分かりませんが、少しでも変化を感じた場合は使用を中止し、状況によっては医師の診察を受けるようにしましょう。

また、上空から浴びる紫外線は、帽子などで防ぐことも可能です。仕事へ行く際は、帽子を利用することができないといえますが、利用できる場合は、紫外線の透過性が低いといわれている、黒の帽子を使うと良いでしょう。

このように、紫外線とにきびの関係性についてみていきましたが、適切な予防や対策を行っていくことで、にきびの原因を作らないだけではなく、肌へのダメージを最小限に抑えることが可能です。紫外線対策は、簡単にできるものばかりですので、是非取り入れるようにしましょう。